今月の言葉

2018年3月

平和とは、開発、開拓、開墾である

平和とは、開発、開拓、開墾である。手をつないで楽しく仲良くするという単純なものではない。一般に親子、兄弟、友人同士が仲良くやっているのを平和と考えているが、その中に「開発」の苦心がなければ平和とはいえない。

開発、開拓は容易な業ではない。そこにはいろいろな苦労がある。難儀もある。困難もある。「難有り」の中に「平和」の種がひそんでいることを忘れてはならない。

(出居清太郎著『捧誠読本』2)