今月の言葉

2019年8月

新しい環境に立ち向かう人への励まし

昭和40年5月17日午後2時、本部の食堂で、Y訓子(のりこ)さんに一首の教訓歌を与えた。

身はたとえいかなる場にぞおられても
まことささげて努力ましませ

これを私の妻が朗詠し、つづいて妻が一首を与えた。

泣きたくば泣くだけ泣いて笑いつつ
法(のり)を身につけ励みましませ

教えのふた親がYさんを祝福したのである。
この日、Y訓子さんにとっては、新しい出発に向かって、感激の涙に泣きぬれた一日であった。

(出居清太郎著『捧誠読本』3)