宗教法人 修養団捧誠会

宗教法人 修養団捧誠会の沿革社会の出来事
1899年(明治32)12月3日、教祖出居清太郎誕生。現在の栃木県佐野市高萩。
父幸八・母コマの三男。
明治37〜38日露戦争
1915年(大正4)教祖、東京に出る。いとこ宅に止宿し、種々の仕事を経験する。大正3~7第一次世界大戦
1920年(大正9)教祖、宇都宮第五十九連隊に入営。
1922年(大正11)教祖、除隊後再び東京に出る、寺島方面に下宿する。
神理研究会を設立。
1923年(大正12)教祖、不敬罪容疑で市ヶ谷刑務所に未決6か月を過ごす。
無罪となり出所。
9月1日、関東大震災に遭う。在郷軍人として自警団に加わる。惨状を目撃して衆生済度を決意し、修行のため、富士山を目標に東海道の旅に出る。
10月、箱根山中にて天啓を受ける。
大正12関東大震災
1924年(大正13)教祖、東海道を転々とする。この間、箱根山中にて「汝日本の柱」の天声に触れる。
1925年(大正14)教祖、伊豆伊東の日蓮崎に赴く。伊東市音無神社に野宿し、再び衆生済度の決意を固める。
10月23日、静岡浅間神社境内賤機山に一夜を明かし、天声を自覚する。
大正14治安維持法成立
1926年(大正15)教祖、親和会を設立する。
1928年(昭和3)教祖、政府に謹告文を提出する。(「昭和3年の打ち出し」)治安維持法違反の容疑で市ヶ谷刑務所に未決8か月を過ごす。
1929年(昭和4)1月、教祖、執行猶予3年とされ出所する。東光会を設立。
5月16日、今泉菊のと結婚。
1931年(昭和6)教祖、満州事変にあたり、政府に謹告文を提出する。昭和6満州事変
1935年(昭和10)教祖、不敬罪容疑で市ヶ谷刑務所に送られ、後に豊多摩刑務所に1年間服役する。この間、獄舎に迷い込んだ鼠によって、「万物これ誠なり」の悟りを得る。昭和11
昭和12
二・二六事件
日中戦争始まる
1941年(昭和16)6月21日、財団法人修養団捧誠会発会(会長・上野良亟)。昭和16〜20太平洋戦争
1942年(昭和17)最初の支部として、新潟県支部が発会する。以後、各地に支部が発会する。
1947年(昭和22)宗教法人捧誠会発足
1950年(昭和25)捧誠会本部会館落成(豊島区池袋の現在地)。
1952年(昭和27)本部において、正午の「平和の祈り」を始める。第2代会長に青野健夫就任。宗教法人修養団捧誠会発足。
1954年(昭和29)第3代会長に田中栄三郎就任。
1957年(昭和32)本部において原水爆実験取消祈願式を行う。昭和31年日本、国連に加盟
1958年(昭和33)教祖、毛沢東・蒋介石両氏および世界の指導者に謹告文を送る。昭和33中共と台湾金門島攻防で砲火
1959年(昭和34)因島に「平和一神」和石建立。(以後各地に石碑建立。「悠久世界平和建設運動」「神石・和石」の項参照)捧誠会本部平和郷落成。
1960年(昭和35)機関誌『平和郷』(現『ふゆのあり』)創刊。昭和35日米新安保条約調印
池田内閣、所得倍増計画決定
1961年(昭和36)教祖、浦和で一時昏睡状態となり、回復後「会員に告ぐ」を発して、会員の意識改革ををうったえる。昭和36
昭和37
ベルリンの壁構築
キューバ危機
1964年(昭和39)第4代会長に真部友一就任。昭和39

昭和40
東海道新幹線開業
東京オリンピック開催
米軍、ベトナムで北爆開始
1968年(昭和43)1月、教祖、「国民に告ぐ」を発表し、今後15年間の国民の心構えと実行を示す。
4月、松山・椿神社にて世界平和祈願祭を行う。
昭和43大学紛争起こる
1969年(昭和44)1月、教祖、悠久世界平和郷建設の決意を表明する。
4月、松山椿神社に「世界平和」和石建立。悠久世界平和郷の用地として、現在地を定め、入手交渉を開始する。
1970年(昭和45)2月、伊東・日蓮崎に「世界平和誓願碑」和石建立。
11月、京都・建勲神社に「大平和敬神」神石建立。
1971年(昭和46)3月、高知・兼山神社に「亜細亜開発」和石建立。
10月、静岡浅間神社に「万物尊愛」和石建立。
昭和46ドル・ショックおこる
1972年(昭和47)教祖、世界一周巡教の旅を行う。その途次、ローマ法王パウロ6世に謁見。松山椿神社においてベトナム平和祈願祭を行う。昭和47沖縄の本土返還成る
田中角栄通産相「日本列島改造論」を発表
日中国交正常化実現
1973年(昭和48)7月、教祖、アジア開発親善交流旅行を行う。
9月、香川県・地蔵院萩原寺に「世界一観」和石建立。
昭和48ベトナム和平協定調印。第1次オイルショックおこる
1974年(昭和49)沖縄県護国神社に「人命尊愛」神石建立。悠久世界平和郷起工式を行う。昭和49戦後初の経済マイナス成長
1977年(昭和52)10月、悠久世界平和郷入魂式ならびに竣工式を行う。
1978年(昭和53)第5代会長に井上正一就任。
1979年(昭和54)教祖、「誠文」を大平正芳首相に届ける。昭和54第2次オイルショックおこる
1981年(昭和56)第6代会長に佐藤亀雄就任。海外建碑の第1号として、ブラジル・アチバイヤ市に「天地正大」神石を建立する。
1983年(昭和58)一般向け講演会「なっちゃんの講習会―幸せ予約承ります」を、全国6か所で開催。
8月23日、教祖逝去(83歳)。出居菊の第2代総裁就任。
10月、長崎・福済禅寺に「悠久世界平和」和石建立。
1984年(昭和59)サンフランシスコ・リンカーンパークに「大自然」神石建立。神里の御霊所落成。
1989年(平成元)シドニー大学セントジョーンズカレッジ内に「四海兄弟万国和平」和石建立。平成元
平成2
ベルリンの壁撤去始まる
バブル経済崩壊
1991年(平成3)北京・全国地質図書館内に「勤労感謝」和石建立。平成3湾岸戦争
ソ連消滅
1992年(平成4)現本部会館竣工。
1996年(平成8)初めての会長選挙実施。第7代会長に青木恒春就任。平成7阪神淡路大震災
地下鉄サリン事件
1997年(平成9)出居菊の第2代総裁逝去。出居茂第3代総裁就任。
1998年(平成10)教祖生誕100年祭挙行。
1999年(平成11)現高萩平和郷竣工。
2001年(平成13)本会発会60周年記念式典挙行。平成13米国で同時多発テロ発生
2003年(平成15)会母誕生100年祭挙行。
2005年(平成17)第8代会長に木島一郎就任。神里に菊清寮(宿泊棟)建設。
2011年(平成23)出居茂第3代総裁逝去。出居徳久第4代総裁就任。平成23東日本大震災
2014年(平成26)第9代会長に早山徹就任。神里・悠久寮の一部を改修し、出居清太郎記念館とする。