日々のみおしえ

03月23日

人の道 知りて話して話せども真心なくば寂しかりけり

人が生活をしていくには、神仏の道をまず修め、人の道を学び、協力互助の実をあげ、理解し、話し合っていかなければ、堅実な国家の建設は出来ず、絶えず争いが続きます。争いをする度に、尊い生命も富も失われてまいります。産み出したり失ったり繰り返しておれば、何千年経っても立派な国家も家庭も出来ず、平和にはなりません。人の心の中に迷いを生じ、ねたみ、うらみ、そねみの心になる様では、立派な製品を作り上げることは出来ません。尊い知恵の無駄遣い、物の奪い合い等も起り、寂しい心になります。この醜い心を改めて、真心になれるように修養すべきであります。