日々のみおしえ

09月23日

あきらめる心の中に今一度聞いて修めて努力ましませ

人の生活はよきに悪しきに変化が多いのであります。苦しい時には忍耐、勘忍(かんにん)、我慢、諦(あきら)めという様なことを教えられて来て居りますが、この様なことは一時は辛抱出来ますが、最後は火薬の如く爆発致します。始めから出て来る凡(すべ)てのことに感謝をすることは容易ならぬ努力が必要であります。初めは忍耐、我慢、そして諦めです。諦める所までいけば上出来の心構えであると教えられて居ります。人生の出発は都合よく行きましても、マラソソ競争ではないが、途中で落伍する人が相当に多い。苦しみや迷いが重なる度に我慢をし諦める人は心身の患いとなります。これ程一生懸命に行っているのに何故不幸が続くのかと迷って来る人が多いのであります。