日々のみおしえ

07月23日

万人の喜ぶことをなし遂げて慢心すれば落ちぶれて行く

人は良い行いをして万人から喜ばれますと、慢心をしたり、身分不相応の贅沢をしたり、又は人を侮(あなど)る様なことになり勝ちであります。自分の知恵や力で成功したのでもなく、他の人に協力して戴ければこそであります。国会議員の候補者が清き一票を戴く時には、親切丁寧に愛嬌を振り回していきますが、開票して当選落選の差別がついた時には、落ちた人こそ清き一票を戴く時よりもより以上の行いが必要でありますのに、その時限りで後は見向きもせず、交流も絶えてしまいます。金力や権力で人と人との交流をする様なことであれば、権力や富が無くなれば誠に悲惨な哀れな人となります。斯様(かよう)なことでは何時迄経っても世の中は悪化するばかりであります。